かかりつけ医とは、日常的な診療や健康管理をしてくれる医師のことです。
体調に関する悩みや治療方法など気軽に相談ができ、必要な時は専門医、専門医療機関を紹介できる、身近で頼りになる地域医療・保健・福祉を担う総合的な能力を有する医師のことです。

かかりつけ医のメリット

  • 家族の病状・病歴、健康状態を把握しているのでもしもの時にも素早い対応ができます。
  • 入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示、紹介してもらえます。
  • 食事や運動など、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえます。 

かかりつけ医と一般・専門病院の連携図

鹿児島県医師会は、「認定かかりつけ医制度」をスタートしました

急速に進む高齢化時代に備え、地域医療のさらなる充実を目指すための取組です。

かかりつけ医の目標

  1. 患者さんの現在の病気だけでなく、これまでの健康状態を理解し、適切な診療を行います。
  2. 病院や他の診療所とも連携し、つぎ目のない最良の医療を目指します。
  3. 患者さんから寄せられた保健・医療・福祉などの問題に、何でも相談できる医師として、全人的に対応します。
  4. 地域の一員として地域住民の皆さんと信頼関係構築に努めます。
  5. 健康相談などの地域の社会活動に積極的に参加します。
  6. 保健・介護・福祉関係者との連携に努めます。
  7. 地域の高齢者が少しでも長く地域で生活できるよう、在宅医療に取り組みます。

 

『鹿児島県医師会認定かかりつけ医制度』の創設について

 

 

pagetop